私達は保育所経営のプロフェッショナルです。保育を通じて社会に貢献することを目指しています。

保育事業とは

保育事業で求められるもの

このホームページをご覧の方は、何らかの理由により「保育所事業」にご興味をお持ちの事と思います。事業の経営者にな ろうと(なりたいと)お考えになる動機は本当に千差万別です。 もちろん、「保育事業」もビジネスである以上、利益を追及する事は当然であり、必然ではありますが、このビジネスは他 の事業とは決定的に異なる重要な点があります。

それは、この事業の対象(顧客)が、まだ十分に自分の意思を言葉で表現する事すら出来ない、そして無限の可能性を持っ た乳幼児と、自分の血を分けた、それこそ自分の命と引き換えにしても惜しくない最愛のわが子を託す親御さんであるとい う事です。

保育所の運営とは、この大切な小さな命を、親御さんからお預かりすると言うだけではなく、そのお子さんの将来の人格形 成にも関わる本当に重要で責任ある事業なのです。 すなわち、この事業の経営を行う方には、一般のビジネスとは比較にならない位、高いモラルや責任感、使命感が必要であ ると弊社は考えています。

よって「保育事業」を単なる「お金儲け」の手段としてしかお考えではない方や、「保育」に無関心の方の開業は弊社と致 しましては開業支援サポートをお断りさせて頂いております。
「保育事業」を成功させる事の出来る経営者とは、「保育」に責任と情熱を持ち、「ご自身の理想とする保育所」をイメー ジ出来ることが最低限必要になってきます。このイメージとは、決して難しいものではありません。

例えば、昨今社会問題となっている食品問題から子供たちを守るために、保育所で提供するおやつや食事は安全性の高いオ ーガニック食材を用いる、残業の多い親御さんのために夜間保育のサービスを提供する、定期的に保育所全体で子供達が喜 ぶ何か楽しいイベントを開催する等「経営者としての明確なポリシー」を一つだけでも十分ですので、十分に主張されるこ とだと我々は考えます。 皆さんもぜひ「明確なポリシー」を持って無限の可能性を秘めた子供たちと接することの出来る保育所事業を行って頂けれ ばと考えております。

ページトップへ戻る

保育事業の5つの魅力

保育所経営の最大のポイントは、初期投資金額が低く、利益率が高いため投資回収率(ROI)が高いことが挙げられます。特 に、商品の仕入れや大きな設備投資を必要としないため、大きな経費と言えば施設賃貸料と保育士の人件費のみで、不良在 庫を抱える心配もなく収益計算が非常にシンプルです。

そして、保育所経営にはもう一つ大きな魅力があります。それは、顧客が継続してサービスを利用するという事です。一般 的に一度入園されたお子さんは、その保育所に大きな問題がなければ他の園に預け替えるケースは殆どなく(新しい預け先 の保育所も待機児童数の関係で容易には見つからない等の理由もあります)年間を通して同じ施設を利用し続けるため、他 のビジネスと比較して、非常に安定した経営を見込む事が可能です。

さらに、通常の月極契約の他に利益率の高い一時保育のニーズも高まっており保育所経営の利益確保にさらに貢献しており ます。

以上の様に保育所経営は事業経営の観点からも非常に恵まれたビジネスモデルであり、短期間に複数展開をする経営者が多 いことも一つの特徴と言えるでしょう。

ページトップへ戻る

保育所の将来性

少子化の流れは中期的に見ても変わることはなく、「児童数の増加」は当面見込む事は出来ないでしょう。 しかし、長引く不況による家計の圧迫に伴う働く主婦の増加やライフスタイルの多様化による女性の社会進出のスピ ード等、現実に今保育施設の絶対数が不足しています。行政が各種の支援策を打ち出してはいますがいずれも中途半 端な対策で効果的ではなく、より直接的な対策である公的保育園の新設も、国や自治体の財政悪化により現実的に困 難であり、今後益々高まる市場のニーズに全く追いついていないのが現状です。

また、勤務システムの多様化により現在の公的保育園の画一的保育サービスでは対応しきれないサービスをカバーする「民間の保育所」のニーズは確実に高まっています。

ページトップへ戻る

行政からの公的支援

保育所経営には、各種自治体からの公的な認定補助金支援があり、この助成を取得すればそのまま事業収益のUPにつながり、より経営が安定します。

弊社では、これら「認定保育所補助金取得」をはじめ、その他の各種助成金取得に関するサービスも行っておりますので、お気軽にご相談ください。

ページトップへ戻る

保育所の社会への役割

保事業を開始するにあたり、動機は人それぞれです。単に「お金儲け」だけにしか興味がなく、手段はあまり気にされない方もいらっしゃるかもしれません。 これは弊社の事業に対するポリシーなのですが、「事業には必ず社会貢献と接点を持つこと」を掲げております。弊社は「保育所開業支援サービス事業」の他、 厚生労働大臣免許制度の「有料職業紹介事業」、子育て支援事業の中でも殆ど同じサービスの提供をしている企業のない「マザークラフト研究所」の運営等、全て「社会に貢献する事業」を展開して おります。

これは、単なる「お金儲け」ではなく、その事業が社会の誰かの役にたっていると実感出来る事は、言葉には表わすことが出来ない満足感、充実感を得ることが出来るかけがえのない事業だと思います。 「保育所の経営」を検討されていらっしゃる皆様にも、ぜひこの充実感を共有出来ればこれほど嬉しい事はありません。

ページトップへ戻る

経営者独自のサービスを提供

弊社の提供する「保育所開業支援サービス」はFC制(フランチャイズ制)ではありません。 そのため、屋号(保育所の名称)、デザイン、内外装、提供するサービス等一切の制限はありませんので、経営者の方独自の保育所運営が可能です。

例えば、「残業の多いご両親のために夜間保育サービスを提供する」、「食育に重点をおき、おやつや食事には全てオーガニック食材を使用する」等、アイデアは無限です。 ぜひ「貴方だけの世界でひとつの最高の保育所」を作り上げて下さい。もちろん、弊社も保育所運営に関する専門的サポートは惜しみません。

PICK UP ピックアップ

  • 小規模保育認可園選択サポートについて
  • 既存保育園改善サポート